Filtering by: 映画上映会

Mar
24
1:00 PM13:00

(名古屋)Most likely to succeed 上映会in名古屋

nagoyamlts.2019.3.24.jpg

(名古屋)Most likely to succeed 上映会in名古屋

【主催】ポジティブ学習会

12月末に名古屋で教員100名以上が集まり開催された学習会がきっかけとなり上映会が開催されることになりました。上映会後には名古屋市立中学校元校長、日本ファシリテーション協会 元理事の上井靖氏がファシリテーターとなり鑑賞後に感じたことを共有しながら対話する場が設けられています。

<スケージュール>

第1部 Most likely to succeed 上映会 13:00-15:00

第2部 鑑賞を踏まえた「対話」の場 15:00-17:00 (ファシリテーター:上井 靖)


日時:03月24日(日)13:00〜17:00

会場:アイミックレンタルスペース(愛知県名古屋市中区上前津1-5-11)※地下鉄上前津駅近く

参加費:2,000円(予定) ※大学生1500円、高校生以下1000円

定員:70名(先着順)

View Event →
Mar
21
1:30 PM13:30

(宮城)「Most Likely To Succeed」上映会&ワークショップ

(宮城)「Most Likely To Succeed」上映会&ワークショップ

【共催】仙石PACE・FutureEdu Tokyo

"Most Likely to Succeed "とは?

「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、5000以上の学校や図書館、公民館といった公共施設や、SXSW edu を含む教育カンファレンスなどで上映されています。


日時:3月21日(木・祝)

   13:30-16:30

   (1時間半の上映後、内容について深めるワークショップ(WS)を開催予定。上映会のみの参加も可能)

会場:かわの上・百俵館(宮城県石巻市小船越字山畑343-1 )

参加費:1,000円

定員:40名


View Event →
Feb
17
10:00 AM10:00

(山梨)映画鑑賞会開催 Most Likely to Succeed

(山梨)映画鑑賞会開催 Most Likely to Succeed

【主催】都留文科大学 国語教育研究会

大胆な教育改革で注目を集める麹町中学校の工藤勇一校長が教員や保護者の意識改革のために上映したドキュメンタリー映画!!


◆1回目

【日時】2月2日(土)9:30~

【会場】都留文科大学附属図書館4階学習室

◆2回目

【日時】2月17日(日)10:00~

【会場】都留文科大学5号館2階

※参加費無料


View Event →
Feb
10
1:00 PM13:00

(福岡)みんなで考えるこれからの教育 ~「 Most Likely To Succeed 」上映会と対話会~

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
みんなで考えるこれからの教育
「 Most Likely To Succeed 」上映会と対話会

日 時: 2019年2月10日(日) 13:00〜17:30 
場 所: 福岡市NPO・ボランティア交流センター『あすみん』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマで作られたドキュメンタリー映画です。この映画を観て、これからの学びのあり方について対話しましょう!

 今日本では、画一一斉教育に閉塞感を持ち教育に多様性を求める子どもたち、保護者、教育者の声が益々大きくなってきています。また、新学習指導要領に〈主体的で対話的な深い学び〉が掲げられ、経産省でも〈学びの個別化〉が提唱されてきているように、国の方向性も大きく変わろうとしています。

 親や教育者の悩みに触れ、有識者の意見や子供の変容を受け止めて、我々の置かれた環境を今後どのように変革していくべきかを考えるためには、〈学びのあり方〉そのものを問うことが必要なのかもしれません。

 多くのみなさんのご参加をお待ちしております。

参加される方は、こちらへお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/lolo20190210/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 日 時
・2019年2月10日(日) 13:00〜17:30 (受付開始12:30)

2. 場 所
・福岡市NPO・ボランティア交流センター『あすみん』
 福岡市中央区今泉1-19-22 天神クラス 4階
 https://www.fnvc.jp/

3. 主な内容
・「 Most Likely To Succeed 」上映会&対話会(ワールドカフェ)
 13:00~15:00 上映会
 15:00~17:30 対話会

4. 定 員
・40名

5. 参加費
・大人 1,000円、学生 500円 (当日支払)

6. 主催
・LOLO1丁目(※2)
・イエナカフェin福岡(※3)

7. 共催
・FutureEdu Tokyo(※4)

View Event →
Feb
2
10:00 AM10:00

(広島)第3回菊池道場福山支部セミナー 『未来の教育を考えるinふくやま』 

532198_photo1.jpg

第3回菊池道場福山支部セミナー 
『未来の教育を考えるinふくやま』 

午前中は米国のドキュメンタリー映画『Most Likely to Succeed』を鑑賞します。中世~近代の教育の特徴とその課題が端的に整理されており、現在の教育現場が直面している様々な課題に対して多くの示唆を得ることができる作品です。 
午後からは教育実践研究家の菊池省三氏を招き、講演会を行います。「いま」そして「これから」の日本の教育現場で大切にされるべきこととは何か。全国各地の教室の事実をもとに提案していただきます。 

年齢、職種、立場関係なく、教育に関心がある方ならどなたでもご参加いただけます。 

■当日の予定 

【午前の部】 
9:30~ 受付 
10:00~10:15(15分)開会行事 
10:15~11:45(90分)『Most Likely to Succeed』上映 
11:45~12:00(15分)感想交流 

【午後の部】 
13:00~14:20(60分)菊池省三氏 講演① 
14:20~14:30(10分)休憩 
14:30~15:00(30分)実践発表 
15:00~16:00(60分)菊池省三氏 講演② 
16:00~16:10(10分)休憩 
16:10~16:35(45分)感想交流&菊池省三氏への質問タイム 
16:35~16:40( 5分)閉会行事 

【懇親会】 
18:00~20:00(120分)懇親会(瀬戸内海庄や福山駅前店) 

主催:菊池道場福山支部 
共催:Future Edu TOKYO

View Event →
Feb
2
9:30 AM09:30

(山梨)映画鑑賞会開催 Most Likely to Succeed

(山梨)映画鑑賞会開催 Most Likely to Succeed

【主催】都留文科大学 国語教育研究会

大胆な教育改革で注目を集める麹町中学校の工藤勇一校長が教員や保護者の意識改革のために上映したドキュメンタリー映画!!


◆1回目

【日時】2月2日(土)9:30~

【会場】都留文科大学附属図書館4階学習室

◆2回目

【日時】2月17日(日)10:00~

【会場】都留文科大学5号館2階

※参加費無料


View Event →
Jan
31
9:30 AM09:30

(東京)『Most Likely to Succeed』上映会

(東京)『Most Likely to Succeed』上映会

これから子供達が迎える社会、学びについて体感してみませんか?

Most Likely to Succeed とは

「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というドキュメンタリーです。米国の一般的な公立高校生の「主体的で対話のある深い学び (アクティブラーニング)」を通した成長を追いかけます。知識偏重型教育と生きる力を身につける実践的教育バランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、様々な視点で考えさせられる作品です。                           

乳幼児の保護者のみなさんこそ子供たちの将来をどうして行くか是非思いを馳せて頂きたい内容です!


日時:1月31日(木)9:45-12:00(受付9時半)

会場:文京福祉センター江戸川橋(ぶんぶん4階視聴覚室)

   東京都文京区小日向2-16-15

参加費:500円

申込方法:森田(mostlikely0131@gmail.com)までメールでご連絡ください。

共催:FutureEdu Tokyo

View Event →
Jan
12
5:15 PM17:15

Most Likely To Succeed上映 film screen & クリエィティヴワークとディスカッションCreative workshop &share

Most Likely To Succeed

未来を創る子ども達の<成功>のために、私たち大人ができることとは。

自分の人生を豊かに幸せに作り出すために身につけて欲しい能力とは。
私たち大人は、どのような方法で、教育で、価値観で、未来の大人となる、<今を生きる子ども達>に、アプローチしたらよいのでしょう。

大きな物語が終焉を迎え、小さな物語が前景化しつつある現代、幸せのあり方は、実に多様化しています。


この映画を通じて<成功>とは何か?について、今一度、既存の枠組みを飛び越えて、一緒に考えたく、イベントを企画しました。
___________________________



人はすべからく誰しもが皆、豊かな創造力=Creativityを備えています。そのことに気がつくと、自らの人生の瞬間を創造的に作り出していけるのではないでしょうか。
この上映会では、映画鑑賞後、映画の中に出てくる学校の生徒のように、脳と心と同時に自らの手を動かし、ものをつくリ出すアートワークショップを行います。

日頃、言語脳を使って物事を考え発言している大人の方でも、言語脳からイメージ脳への切り替え、枠組みを飛び越えるお手伝いはアート教育を受けたアトリエリスタ(芸術士)が補佐しますので、ご安心ください。

イメージ脳を使い考えることは、難しいことではありません。自らの豊かな創造性を妨げるものは、自分は創造的なタイプではないというマインドセットです。自分が創造的であるという自信と、お子様の可能性を広げる道を、創造的に模索しつくるきっかけをお持ち帰りください。

_____________________________


■「Most likely to succeed」について

「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。2015年の公開以来、3000以上の学校や公共施設、教育カンファレンスなどで上映されています。

■映画概要

現在の教育システムは、1893年の工業化時代に考えられた仕組みであり、世界の経済がそれ以来大変化を遂げている一方で学校教育システムの変化は遅れている。「21世紀に活躍する人材に必要な資質と育む環境はどうあるべきか?」、という大きな課題について、大勢の教育関係者の取材や、2000年の開校以来未来型教育を研究・実践しているHigh Tech High Schoolについての密着取材を実施し、どのように生徒の可能性を最大限に広げる教育を実施することができるのかというテーマを掘り下げた作品。

2015年に、サンダンス映画祭、トライベッカ映画祭、クリーブランド国際映画など、数多くの映画祭での公式作品され、現在全米50州での上映会終了後もなお様々な学校や公共機関などで主催される上映会が継続されている。
______________________________________________________________

●イベント詳細
【日時】2018年1月12日(土)17:15〜21:00 

【場所】 Miro Art Lab 元麻布アトリエ
〒106-0046 港区元麻布2-14-4-1F

最寄駅は南北線・都営大江戸線の麻布十番駅。元麻布ヒルズを目印に元麻布方面へ上がる坂道を登ったところにある西町インターナショナルスクール隣り。


Peatixの方、私のFBアカウントでログインしており、共同主催ができない感じでしたので、修正しました。時間も修正しました。ご確認くださいませ。



■時間
(予定であり、当日の流れにより変更になる可能性があります。)

17:00〜   開場・受付
17:15-17:30 上映会説明
17:30-19:00「Most Likely To Succeed」上映
19:00-19:30 休憩・テーマ出し
19:30-20:15 クリエィティヴワーク
20:15-20:45 全体のシェア
20:45-21:00 クロージング
21:00-21:30 片付けながら交流(任意)
21:30 閉場


■参加費:2000円
(飲食費込み。おにぎり・軽食・お菓子と飲み物をご用意します。イベントが夕食時間帯ですので、飲食しながらのワーク&シェアタイムとします。)

■申し込み:https://eduandcreative.peatix.com/
よりお申し込みください。

*フェイスブックページの参加クリックではお申し込みとなりませんので、ご注意ください。

■キャンセルポリシー: 
参加お申し込み後にキャンセルされる場合は、peatixチケットサイトより手続きをお願いします。材料や食事の準備がありますので、参加費当日現金払いの方でキャンセルなさる場合も、同様に手続きをお願いします。イベント当日12時までキャンセル料はかかりません。12時以降のキャンセル、ご連絡なく不参加の場合、参加費全額を頂戴いたします。ご了承ください。


■お子様の参加について。
会場となるアトリエの設備の関係上、お子様の安全面を考慮し、原則10歳以上の方の参加とさせていただきます。アトリエには様々な画材や、小さなお子様にとっては危険な道具も置かれています。ご了承いただければ幸いです。事情により、お子様連れでの参加をご希望の方は、応相談とさせていただきます。

■その他
制作の過程で、絵の具などの画材を使う方も出てくるかと思います。ご自身で使用せずとも、他の方の画材が洋服などに付着する可能性があります。既存の枠組みを外して、突き出た脳である手を動かし、思いを表出するワーク体験をしていただきたいと考えております。汚れが気にならない服装でいらしてくださいますようお願いいたします。


*イベントの模様は、撮影させていただきます。撮影した内容は、広報媒体、HP等で活用させていただきます。不都合のある方は配慮いたします。当日、イベント主催クルーまでお申し出ください。


●上映協力:
【FutureEdu Tokyo】
21世紀に相応しい教育について、教育者、親という立場を超えて話し合い、進むべき方向性を共に考える場を設けたいという思いで始まった有志団体
【Miro Art Lab】全てが「してみたい」内発動機付けから始まる、創造力の発露となる場を創造的に作る、アート実験アトリエ

View Event →
Jan
12
1:30 PM13:30

Most Likely to Succeed 上映会 @岐阜県立関有知高校 視聴覚室

AIの発展などで社会が変化していくなか、知識を暗記することが中心の教育システムに限界が来ています。これから求められる能力をつけていくための教育を考えるきっかけになればと思います。

上映会情報:

2019年1月12日土曜日
13:30〜17:00
場所:岐阜県立関有知高校 視聴覚室
岐阜県関市下有知字松ヶ洞6191-3


スケジュール
13:30 受付開始
14:00 オリエンテーション
上映(90分)
休憩
16:00 映画に関する感想シェア、意見 
交換
17:00 終了


参加費:500円
申し込み:関有知高校 大野広行
定員:40名程度

共催:FutureEdu Tokyo

(本上映会にはイベントページがございませんので、直接大野先生までご連絡くださいませ。

岐阜県立関有知高校 学校ホームページ: https://school.gifu-net.ed.jp/sekiuchi-hs/ )

View Event →
Dec
27
1:30 PM13:30

Most Likely to Succeed 上映会 in 福岡

230a61b6f1572f537d6ede7332ebf342_original.jpg

「Most LikeLy To Succeed」は、「人口知能(AI)やロボットが生活に浸透していく21世紀の子供たちにとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて,アメリカのHigh Tech High チャータースクールを有識者と共に,2年間追いかけて作られたドキュメンタリー映画です。

 日本と同様,受験偏重型教育から,生きる力を身に付ける実践的な教育とのバランスをどう考え,どう捉えていくか,国は違えど似た状況が多く,教育を取り巻く様々な視点について考えさせられる作品です。※HPを参考

日時 12月27日(木)  受付開始  13時10分

                上映 13時30分

              語り合い 15時10分~16時10分まで

場所   そぴあ新宮

参加費  1500円

申し込み こくチーズプロ 残席20名


View Event →
Dec
15
6:00 PM18:00

Most Likely to Succeed 教育ドキュメンタリー映画上映交流会

仙台にて教育ドキュメンタリー「Most Likely to Succeed」の上映会を開催します!

これからの社会を子どもたちが生きていくために学校は、教師はどんなことができるのか。カリフォルニア州の High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校生の姿からみんなで考え、議論します。

当イベントは18時から20時半と遅めの開催となっております。みんなで食事&ドリンクを楽しみながら映画を鑑賞し、ワイワイ議論を楽しみましょう

(★参加費無料となっておりますが、食事&ドリンク代をご負担ください。3000〜4000円程度を予定しています)

映画の概要や全国各地での上映会の様子はこちらをごらんください。
http://www.futureedu.tokyo/most-likely-to-succeed/

なお、本イベントと連動して日中に「先生のための教育ICT冬期講習会2018@仙台」が開催されます。あわせてご参加ください。

https://peatix.com/event/568171?fbclid=IwAR3sAiNzUAtMNnMAv5WKO90acv1D26DP9Y-S_S1K2PAKAvxD52zyOnP-RSA

主催:東北学院大学文学部教育学科教授・稲垣忠
共催:フューチャーインスティテュート株式会社、Future Edu Tokyo

View Event →
Dec
15
1:00 PM13:00

未来の教育のカタチを考える『Most Likely to Succeed 』上映会in郡上

未来の教育のカタチを教育ドキュメンタリー『Most Likely to Succeed 』を見て、皆さんで一緒に考えてみませんか??

【今の子供たちが大人になるとき、イキイキと活躍するためには、どのような学びの環境が必要なのか】

という問いについてのヒントが詰まった作品です。

★こんな方にオススメ!!

※教育について興味がある!

※未来の教育のカタチについて考えたい!

※教育に対する多様な考えをシェアしたい!

※映画が気になる!

※未来に必要な能力って何?と疑問をもっている!

※なんとなくピン!ときた!

それぞれの学校や地域にあった教育モデルをステークスホルダーが議論、シェアすることが制作者の狙いです。

現行教育を否定したり、新しい教育モデルを推奨する作品ではありません。

ぜひこの機会に"未来の教育のカタチ"を考えてみませんか??

-----------------------------------------

★日時

12月15日(土) 13:00〜17:00 (16時以降は交流会・参加自由・別途費用要)

★場所

HUB GUJO

岐阜県郡上市八幡町小野91番地1

https://www.hubgujo.com/

https://www.facebook.com/HUBGUJO/

★スケジュール

13:00  受付開始

13:30  オリエンテーション

    上映(90分)

    休憩

15:30  映画に関する感想シェア、意見交換

16:00  交流会

17:00  終了

★参加費

映画上映会 1,500円 交流会参加希望の場合はプラス300円

※高校生以下で参加希望の場合は、主催者までその旨ご連絡ください。

★申し込み方法

 当イベントページより「参加」ボタンをクリック。

その後、主催者から参加確認のメッセージを送らせていただきます。

確認完了後正式に参加申込となります。

★定員

30名程度

View Event →
Dec
15
10:30 AM10:30

Compath vol.00:おしゃべり映画館 ~Most Likely to Succeed~

Screen Shot 2018-12-25 at 22.24.43.png

【Most Likely to Succeedについて】
TEDトーク「学校は創造性を殺している?」が有名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのハルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボのトニー・ワグナー氏ら有識者たちや、サンディエゴのHigh Tech High校への2年間もの取材を重ねて製作されたドキュメンタリーフィルム。
2000年にカリフォルニア州サンディエゴに開校したHigh Tech Highには、1年契約であるにも関わらず、知的自由を求めて熱意ある教師が応募してくる。ここでは何をどれくらい、どのように教えるのかは教師の裁量に任されている。そして生徒たちは、学期末の作品発表に向けてプロジェクト学習で学び合い成長していく。

「教育ドキュメンタリー作品の中で最高峰の一つだ」EducationWeek
「すべての親と教師が必ず見るべき作品だ」Film Threat

人生100年時代。これからの時代に必要とされる教育はどのような教育なのか?教育に興味がある方はもちろん、これからの社会ってどうなっていくのだろうと興味がある方にもぜひ観て頂きたい作品です。

上映の後には、映画の舞台になっているアメリカのHigh Tech Highに訪問した安井 早紀さんの話を聞いてさらに理解を深めた後に、映画をご覧になった感想や、これからの学びについて対話をする時間を設けています。そう遠くはない未来の教育についてぜひみなさんと一緒に考える時間となれば幸いです。

“Most Likely to Succeed”
製作国:アメリカ
上映時間:86分
言語:英語(日本語字幕付)
製作総指揮:テッド・ ディンタースミス

■イベント概要
【日時】2018年12月15日(土)10:30-13:30(受付10:15)
【場所】自分らしさを表現するシェアスペース“ラシクる”@代々木上原駅・北口2から徒歩2分(東京都渋谷区西原3-19-10 アパートメント上原 B1F)
【定員】30名
【参加費】2,000円(受付時に支払い頂きます)
【運営】人生の学校compath設立準備委員会
    共同代表 安井 早紀
    共同代表 岡田 香
【共催】FutureEdu Tokyo
    http://www.futureedu.tokyo/

■タイムライン
10:15-10:30 開場・受付
10:30-10:40 映画解説
10:40-12:10 Most Likely to Succeed
12:20-12:50 High Tech High訪問共有
12:50-13:30 ワークショップ

View Event →
Dec
10
7:00 PM19:00

(京都)AI時代を先取りした未来の学校High Tech High -『Most Likely To Succeed』上映&シネマカフェ

「今の教育で、子どもたちの未来は本当に大丈夫?」
今の教育のどこが問題か? 実は、私たちが習った知識や記憶偏重の学校カリキュラムは、120年前の教育制度をベースにしています。けれど、昨今の急速なテクノロジーの発展によって、学校で身につける①記憶する、②繰り返し作業する、③指示に従う、などの能力はほぼ人工知能(AI)が代わりにできる可能性が高いのです。そんな社会の劇的な変化とは裏腹に、子どもたちは膨大な毎日の時間を、座って授業を聞き、記憶し、試験で評価されることに費やしているのが現状です。

では、これからの子どもたちにはどんな教育の場が必要なのでしょうか? 
私たちは今回上映する映画に、これからの学校や教育のあり方の大きなヒントがあると考え、上映会を企画しました。この映画は、「High Tech High(以下、HTH)」という、アメリカのユニークな公立学校をご紹介したドキュメンタリーです。HTHは、全米で先駆けてSTEAM(科学、数学、芸術領域など)に特化した授業を導入して、大変脚光を浴びています。
教科書や試験や成績表はなし。授業は子ども中心に進められ、クラス単位でプロジェクト学習に取り組みます。評価は子どもたち自身によるプレゼンテーションが軸にされています。そんなテストと直結しない授業にも関わらず、卒業生の98%が大学進学している実績も注目されています。

この映画のテーマは、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀に、今の子供たちが大人になってイキイキと活躍するためには、どんな学びの環境が必要なのか?」です。映画の中には、HTHのユニークな取り組みはもちろん、それを取り巻く保護者、そして現代のアメリカが抱える教育問題についても描かれており、2015年には様々な映画祭で上映されて賞を獲得し、全米の教育にも大きな影響を与えました。

ぜひ私たちとこの映画を見ながら、子どもたちの未来を考えてみませんか?

第1部「Most Likely To Succeed」映画上映(約90分)
第2部 シネマカフェ(約60分)
『2030年に大人になる日本の子どもたちにとって、「成功」とはどういう状態か。またそのためにはどんな資質やスキルが必要か?』という問いを元に、参加者のみなさんで感想を共有したり、グループになってそれぞれの視点や学びを共有しあいます。

*希望者は、https://goo.gl/19pw8u よりお申し込みください。(Facebookでの参加予定ボタンではありませんのでご注意下さい。)

▼開催概要
■日時:12/10(月) 19:00-21:30(終了予定) (18:30開場)
■場所:Impact Hub Kyoto 
京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地
西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)
■参加費:学生・HUB会員:1000円 、 一般:1500円 (お菓子、飲み物つき) 
■定員:40名
■申込方法:https://goo.gl/19pw8u
■主催(問合せ先):Most Likely To Succeed 上映実行委員会
 事務局:Impact Hub Kyoto  075-417-0115 / info@impacthubkyoto.net

View Event →
Dec
2
2:00 PM14:00

<第2回>宮崎で考えたい!これからの教育と子どもたちの未来-映画「Most Likely to Succeed」上映会

社会の変化の中で、求められる教育の役割は大きく変わっています。一方で、これまでにない大きな変化にどうすればいいのか分からない、という声も大きく聞かれます。
今回のイベントでは、そんなテーマについて扱ったアメリカのドキュメンタリー映画『Most Likely to Succeed』を上映。観た後、参加者のみなさんで、今後の教育について語り合います。

7月に第1回目を開催したところ、45名もの方にご参加いただき、大盛況で終えることができました。今回はその第2回目となります。
学校関係の方もそうでない方も、学生も保護者も、初めての方も2回目の方も誰でも大歓迎!色んな立場から今後の教育について考えましょう!!

<開催概要>
日時:2018年12月2日(日)14:00~17:00
場所:若草hutte & co-ba Miyazaki(宮崎市東橘通3丁目5 鈴木ビル)
定員:35名
参加費:大人2,000円/学生1,000円
※ワンドリンク(ソフトドリンク)付き

<プログラム内容>
13:30~    受付開始
14:00~14:30 オープニングセッション
14:30~16:00 「Most Likely to Succeed」上映(日本語字幕付)
16:00~17:00 意見交換・質疑応答

▼映画『Most Likely to Succeed』とは
「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、世界の有識者や多くの学校取材を積み重ねて制作されたドキュメンタリー作品です。米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるか、といった日本と同様の課題も出てきます。
詳細は、下記のWEBをご覧ください。
http://www.futureedu.tokyo/most-likely-to-succeed/
※予告編の字幕が表示されない場合は、右下のCCというボタンをクリックし、日本語を選択ください。

日本では、これまでに40回近く上映会が実施されており、宮崎での上映は前回が初めてでした。宮崎で観られるのは今のところ本イベントだけです。

<こんな人に来てほしい>
・これから教育に携わろうとしている学生さん
・これからの教育に関心がある方
・教育を通じてより良い未来を作って行きたい方
・学校現場で働く先生方
・宮崎で教育に携わるお仕事をされている方
・学校に通うお子さんを持つ保護者の方  など

主催である私たちは、それぞれの関心、形で教育に関わっています。今回のイベントも、映画を通じて、宮崎で教育に熱い思いを持った皆様とお会いしたいと企画しました。

皆様にお会いできることを楽しみにしています。


View Event →
Nov
23
1:00 PM13:00

(北海道和寒町) わっさむでワークショップ 第6回

教育環境日本一を目指す町!
わっさむでワークショップ 第6回を開催いたします(^^)/
 
今回は、今話題のアメリカの教育ドキュメンタリー映画『『Most Likely to Succeed』の上映会に加えて、米国のSTEM教育視察から帰ってきたばかりの神前達哉氏による最新レポート+講演会、参加者によるグループディスカッション等、盛りだくさんの内容でお届けいたします。
 
生徒の皆さま・保護者の皆さま・教育関係者はもちろん、教育に関心のある方々に是非とも参加していただきたいイベントになっています。
 
イベントが終わる頃には、明日への希望でワクワクが止まらなくなるかも?!

皆さまのご参加をお待ちしております!!
 
【日時】2018年11月23日(金) 13:00-17:00
 
  第1部 未来の学びを考える
  『Most Likely to Succeed』上映会(※日本語字幕版)
 
  第2部 神前達哉氏 講演会
  『どうなる?!これからの日本の教育』〜世界の教育の潮流と新
  学習指導要領を読みとく〜アメリカSTEM教育視察最新レポー
  ト!
 
  第3部 グループディスカッション
  私たちが暮らす地域の『未来の学び』とは?
 
【場所】和寒町公民館 恵み野ホール2階 大会議室
 
【対象】教育に関心のある方であればどなたでも。
 ※映画は日本語字幕版となりますので、ご注意ください。
 
【定員】30名(ご予約優先 先着順)
 
【参加費】1,000円(高校生以下無料)
 ※当日会場でお支払いいただきます。
 
【参加申し込み】
和寒町教育委員会 0165-32-2477

共催:
・オンライン家庭教師の【スタディ コンシェル】
・Future Edu Tokyo 
http://www.futureedu.tokyo/
・和寒町公民館

<講 師>
神前 達哉(こうざき たつや)
東京大学文学部卒業
OECD日本イノベーション教育ネットワーク協力研究員
株式会社ベネッセコーポレーション 新規事業開発室
文部科学省 『新時代の教育のための国際協働プログラム』事業メンバー

<企画・コーディネーター>
藤井 研三郎(ふじい けんざぶろう)
和寒町在住
北海道大学理学部卒業
オンライン家庭教師【スタディ コンシェル】代表
銀座コーチングスクール認定コーチ
「わっさむでワークショップ」主宰
  
■イベント内容詳細  
第1部 <映画『Most Likely to Succeed』とは?>
 
「Most Likely to Succeed」 は、「人工知能 (AI) やロボットが生活に浸透していく21世紀の子ども達にとって必要な教育とはどのようなものか?」というテーマについて、「学校は創造性を殺しているのか?」TEDトークで著名なケン・ロビンソン卿、カーンアカデミーのサルマン・カーン氏、ハーバード・イノベーション・ラボ所属の、トニー・ワグナー氏などの有識者や多くの学校取材を2年間積み重ねられ制作されたドキュメンタリー作品です。

米国のカリフォルニア州にある High Tech High というチャータースクールに通う二人の高校1年生の成長を追いかける過程で、日本と同様な受験偏重型教育と、生きる力を身につける実践的な教育のバランスをどう考えるかなど、国は違えど似た状況も多く、教育を取り囲む様々な視点について考えさせられる作品です。
  
米国では、2015年の公開以来、5000以上の学校や教育施設などで上映されています。
日本ではFutureEdu Tokyoが、2016年6月の日本初上映会以来、60回近くの上映会の開催、1000名を超える(2018年8月現在)方々を動員し、参加者による熱い議論がなされてきました。
参加者アンケートでは、回答者の87%が5段階評価の5(素晴らしい!是非他の人にも見て欲しい)と回答。

「教育ドキュメンタリー作品の中で最高峰の一つだ」--Education Week
「すべての親と教師が必ず見るべき作品だ」--Film Threat

アメリカ:上映時間 86分
言語:英語(日本語字幕付)
製作総指揮:テッド・ ディンタースミス

▽予告編↓https://vimeo.com/266201361
 
第2部 神前達哉氏 講演会
『どうなる?!これからの日本の教育』〜世界の教育の潮流と新学習指導要領を読みとく〜アメリカSTEM教育視察最新レポート!
 
10月のアメリカSTEM教育視察の最新レポートをお届けします。さらに、2022年から高校で実施される新学習指導要領の見方や経済産業省「未来の教室とEdTech」での議論を踏まえて、これからの日本の教育の方向性についてお話していただきます。
  
第3部 グループディスカッション
私たちが暮らす地域の『未来の学び』とは?
 
映画の世界に出てくる教育を羨ましいと思う必要はありません。私たちには、私たちの地域に合った『未来の学び』があるはずです。
そして、海外の教育事情を知るにしたがって、私たちの暮らす地域がいかに恵まれているかに気付かされます。
ぜひ、多様なバックグラウンドを持つ参加者が協働して、ワクワクするような『未来の学び』を描きましょう!

View Event →
Nov
18
1:00 PM13:00

(東京)人工知能時代に必要な教育とは? ミニ講演会 × Most Likely to Succeed上映会

ー現代を生きる子どもたちが大人になる時に
イキイキと活躍するためには、
今、どんな”教育”が必要なのか?-

人工知能(AI)やロボットが日常生活にまで浸透してきている現代。世の中はかつてないスピードで変わっています。一方で、教育制度は、100年以上前の工業化社会に合わせたモデルから大きく変わっていません。今のままでは、学校教育と社会とのギャップは広がっていくばかり。

「学校教育は役に立たない」のではなく、
「学校教育制度が役に立っていない」のです。

どうすれば学校教育と社会のギャップを埋めることができるのか?
今と未来を生きる子どもたちに、大人たちはどんな”教育の場を準備すればいいのか?

「未来につながる教育」を考えるヒントとして、

〇ミニ講演会「どうしたら本好きな子に育てられるか」
〇教育ドキュメンタリー映画 Most Likely to Succeed上映会
〇ディスカッション

を、開催いたします。

Most Likely to Succeedは子どもたちの今と未来を育むために何が大切なのか?を話し合うためのカタリスト(触媒)を目的として製作されました。

そのため、新しい教育モデルを推奨するものではありません。


【こんな方におススメ!】
〇”学校教育”にモヤっと感じているものがある
〇自分たちの受けた教育、なんかズレてるよね。
 社会に出てから役にたってない、と感じている
〇学校教育、今のままではダメ。
 とはいっても、じゃあどうすればいい?と思っている
〇なんか、映画が気になった


**********

【開催日】
11月18日(日)13:00-17:00

【開催場所】
トモエそろばん2F
〒160-0011 東京都新宿区若葉1-10
http://www.soroban.com/

【料金】当日払い(受付にてお支払いください)
一般参加 2,800円(税込)
中高生 1,000円(税込)

※『マジカルチャプターブックガイド』書籍付き
※前日、当日のキャンセルは承っておりません。ご了承ください。

【タイムスケジュール】
12:30 開場
13:00 - 14:00 ミニ講演会
14:00 - 15:40 Most Likely to Succeed上映会
15:50 - 16:50 グループ・ディスカッション
17:00 終了


【講師・上映会ファシリテーター プロフィール】
なか なかこ
英語児童書スペシャリスト

国内外のインターナショナルスクールで10年間、図書館司書として「未来のグローバルエリート」たちにむけて本をえらび、提供してきた。国内のインターナショナルスクール勤務時代には、図書館の立ちあげにもかかわり、小学生から高校生レベルの本を選んだ経験を持つ。

読み手のレベルと興味にあわせてピンポイントで本をえらびだすことが得意で、初心者レベルからハリーポッターの原書が読めるレベルにまで「英語読書力」を高めることができる。

著書:『マジカルチャプターブックガイド 中学英語で読める海外児童書の世界』(経済界)


【Most Likely to Succeedとは?】
現代のイノベーティブな世界において、機能しずらくなった従来型の教育の抱えている課題を浮き彫りにし、「AI時代の学びはどうあるべきか?」に挑んでいるアメリカHigh Tech Highの取り組みに密着したドキュメンタリー映画。

20か国5,000以上の学校や公共施設で上映され、未来を切り開く教育の対話や改革を産みだしている。

View Event →