FutureEdu Tokyo ブログは、随時寄稿も受け付けております。フッターの Contact US からご連絡下さい。

 
Emi_Profile_2015March.jpg

竹村 詠美 | Emi Takemura

FutureEdu Tokyo Co-founder / Mistletoe Inc Fellow / Future Citizens 代表

インターネットの黎明期からアマゾンやディズニーなどで、消費者向けインターネットサービスや携帯電話ビジネスに従事。2011年からは、日本最大級イベントコミュニティプラットフォーム  Peatix.com のマーケティング責任者やアジア代表を歴任。グローバルビジネスの最前線での経験から、日本の教育環境に憂慮し、2016年6月から吉川と FutureEdu Tokyo をスタート。小学生2児の母。総務省情報通信審議会委員なども務める。

慶應義塾大学経済学部卒 | ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクール修士卒|ペンシルバニア大学国際ビジネス修士卒
 

marie.jpg

吉川 まりえ | Marie Yoshikawa 

FutureEdu Tokyo Co-founder

損害保険会社、米国フィラデルフィア美術館を経て、シスコシステムズ入社。マーケティングとITビジネス・コンサルティングに携わる。出産を機に管理職や専門職家庭向けの小さな会員制学童保施設「環優舎」を広尾にて開業。モンテッソーリ・スクール育ちの中学生の母。

成蹊大学経済学部卒 | デューク大学フュークア・スクール・オブ・ビジネス修士卒 | 保育士

Sachiko Hirayama

平山 佐知子 | Sachiko Hirayama

東京都港区にて会社経営。音大卒業後、プログラマ、国際会議の運営と音楽プロモーターに携わる。3児と10カ国の海外旅行を経験。日本のママ目線で、グローバル教育の執筆や講演。MamaBA リードオーガナイザーとして、数々の教育関係のイベントも主催。

日本大学藝術学部音楽学科作曲コース卒業 | アメリカのペースメソッド音楽教室主宰 | 全日本スキー連盟インストラクター

twitter:  @VersaceTOKYO

Naoki Yamamoto

山本尚毅 | Naoki Yamamoto

1983年石川県根上町生まれ。2009年から仲間と会社(株式会社Granma)を創業、日本メーカーの途上国のネクストマーケット(BoP市場)進出を支援。その傍ら、展覧会(世界を変えるデザイン展・未来を変えるデザイン展)を企画・開催し、人の行動変容(Behaivor Change)に興味関心を高める。現在は学び領域の組織に身を移し
アセスメント・評価と未来の学びの研究開発及び商品企画を担当している。その他、HONZで書評を執筆中。  北海道大学農学部卒

橋本 智恵 | Chie Hashimoto 

教育テクノロジー関連のフリーランス。ソニーの新規事業 (EdTech / STEM教育サービス)の米国市場リサーチ、Business Development に今春まで従事。EdTechWomen Tokyo Founder。シリコンバレーの21世紀教育、Edtech事情についてブログ更新中。

橋本氏寄稿メディアEdTech Media
Edsurge (英語)

藤原 さと | Sato Fujiwara

一般社団法人 こたえのない学校 プログラムオーザナイザー・代表理事

日本政策金融公庫にて中小企業・新規事業融資に従事後、米国留学中に国際労働機関(ILO)のマイクロファイナンス部門で少額融資のスキームを調査。帰国後、ソニー(株)本社経営企画管理・戦略部門で、海外企業とのビジネスアライアンスに携わる。長女出産後ヘルスケアビジネスコンサルタントとしてミャンマーで女性のがん死因トップである乳がんの検診事業立ち上げ等を行う。2012年度都内区立保育園父母会長。2014年に「こたえのない学校」を設立。現在米国で子育て中。日本とアメリカを往復している。
慶應義塾大学法学部政治学科卒/米国コーネル大学大学院公共政策学修士(M.P.A.)

Shidu Kumon

公文 紫都 | Shidu Kumon 

フリーライター
1986年東京都生まれ。青山学院大学文学部卒業後、IT関連企業、流通業界紙記者を経て、2012年6月に独立。以来、国内外のIT・EC関連企業やサービスを取材する。2014年5月〜NY在住。プライベートでは体重570gで誕生した超低出生体重児の女の子の母。個人ブログで育児記録を綴っている。

著書に、『20代からの独立論(前編)』、『20代からの独立論(後編)』(共にインプレスR&D)がある。

島田 敦子 | Atsuko Shimada

教育関連企業、自動車メーカー、IT企業でのマーケティング職を経て、米系機関に勤務。現在はIT業界に関連したリサーチや、ビジネスコンサルなどに携わる。2004年頃からダイバーシティプロジェクトに参画したことをきっかけに、ワーキングマザーの取材やイベント活動などをプライベートで実施。妊娠・出産を機に次世代教育や、AI時代の教育に興味を持つようになり、現在はモンテッソーリ講師養成講座を受講中。一児の母。 慶應義塾大学総合政策学部卒